相談する

税理士は、税務処理のプロとして企業や一般の方までにアドバイスや代行業務などを行っていく職業です。これらに依頼する業務とは、起業するときや決算書作成に確定申告などがあります。これらは専門的な知識が必要となるので、その専門家がアドバイスを伺うことでスムーズに事が進みます。 この税理士に話しを聞きたい場合は、各地域にある税理士事務所へ伺えばまずは相談に乗ってくれます。自治体などが主催する税の相談会でも、この税理士が活躍しています。その他にも、最近はネットによる相談を受付けるサービスも増えてきました。メールなどで依頼内容を送り、それに対して回答がメールで送られてきます。より詳しく知りたい場合や作業を依頼したい場合は、有料として正式な依頼となります。 このように、今は昔と違って気軽に利用できるサービスが定着しつつあります。

この税理士への相談は、無料となっているところがほとんどです。まずは相談という形で話を伺い、その場で解決できることは無料で済みます。しかし相談内容によっては、必要に応じて依頼を有料で受けていきます。 この税理士は、主に自営業や企業などで仕事をすることが多いです。そこでは常に経理作業が発生するので、その管理を定期的に行っていきます。そのため、顧問税理士として活躍する人も多く、毎月顧問料が発生してきます。その顧問料の相場は企業の売り上げによっても違いはありますが、だいたい2万円〜3万円が主です。やはり売り上げによって税の管理作業も多くなってくるので、顧問料も高くなってきます。 しかし担当の税理士がいるということは、会社の経営上とても安心ができて頼りになる存在です。仕事をスムーズに進めていくためにも、信頼できる税理士を探して相談していきましょう。